広上淳一指揮 五嶋龍(Vn) 京都市交響楽団 6/23

広上淳一&京響というゴールデン・コンビの東京公演をサントリーホールで聴く。このコンビ、本当に絶好調で、一昨年同じサントリーホールで聴いたラフマニノフの交響曲第2番が衝撃的な名演だったので、このコンビの実力に開眼。3月には西宮でマーラーの『巨人』中心としたプログラムを聴き、これまた素晴らしかった。とにかく、このコンビは相性がいい!

きょうは、その相性の良さがフルに発揮された素晴らしい演奏会。冒頭のブラームス『悲劇的序曲』からして、凄まじいほどの熱量。まるで時代劇の殺陣を見ているかのように、乱れ打つほどのエネルギーを放つ弦に戦慄する。

続いてのコルンゴルトのヴァイオリン協奏曲、これはオケも美しいが、やはりソリストの五嶋龍を聴くという趣。五嶋龍のステージパフォーマンスは、まさに自信が漲りまくっていて、実際演奏はテクニック含めて完璧に近い。意外と音色そのものは端正な印象だが、高い身体性に下支えされた音楽は隙がない。アンコールのクライスラーも見事。

そしてラフマニノフの『交響的舞曲』。木管が活躍する作品で、各プレイヤーの技巧が際立つ。が、とりわけ印象に残ったのは、2楽章の妖艶なワルツ、広上が全身を使って舞踊を表現すると、とにかくオケがうねる!こんなにうねるオケ、いまの東京では聴かれないのではないか!?とにかく、音が渦巻いているのである。複雑なリズム感の音楽を、いともやすやすと指揮する広上、オケも完璧に合わせ、とにかく下を巻くほかない。

アンコールにニムロッド。本当に美しい。このコンビ、やはりとんでもない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック