アンドレア・バッティストーニ指揮 阪田知樹(p) 東京フィルハーモニー交響楽団 1/26

とんでもないコンサートだった。2日連続でオーチャードホールで、きょうは東フィル。バッティストーニが振る名曲プログラムで、前半は阪田知樹というピアニストがソロをつとめるラフマニノフのピアノ協奏曲第3番、後半がベルリオーズの幻想交響曲。

まず前半のラフマニノフ、これがとにかく想像をはるかに上回る、超絶的な、空前絶後の大名演だった。この阪田知樹というピアニスト、ただ者ではない。まもなく、日本を代表するピアニストの1人になるだろう。確実なテクニックに裏打ちされた、これぞラフマニノフ!というべき圧倒的なピアニズム。3階席で聴いたが、大オーケストラの咆哮にかき消されることもなく、芯の強い打鍵が確実に飛んでくる。第1楽章からテクニックが炸裂し、さらに一本調子にならないよう音楽を揺らしながらも抜群のテンポ感覚で音楽の軸がぶれない。神技である。バッティストーニの伴奏も見事だ。ソリストに触発されているに違いない。なんら躊躇うことなく、オケを鳴らす鳴らす!普通のコンチェルトの演奏ならば鳴らしすぎだと思うが、阪田のソロは大オーケストラに掻き消されることなく強靭に響き続けるので、まさにコンチェルトの妙味であるソリストとオケの丁々発止のやり合いが展開されていく。あまりに高次のパフォーマンスに、何度も涙腺が崩壊しかける。

第2楽章も、沈むところは沈みすぎるくらいの劇的な起伏を見せ、雪崩れ込んだ終楽章は、安易に聴いていたら大火傷をするくらいの奔流のような大熱演だ。文字通り息を呑んで事の推移を見守るしかない。このピアニストは、そしてオーケストラは、一体どこまで燃え盛っていくのだろうか??命を削って音楽しているではないか。エンディングでは、もはや格闘技寸前というか、バッティストーニがオケを煽りに煽って爆発的に轟然と咆哮させたことで、さすがに阪田のピアノが響きの海に埋没しかけたが、ピアノソロがイニシアティブを奪い返せる部分でテンポを早めていっきに終曲まで持っていき、胸がすくような打撃とともに全曲を閉じた。

比較的品行方正なお客さんが多かったからだろうか、ブラヴォーの大合唱とはならなかったが、紛れもない超名演だった。自分自身は、「とんでもないものを聴いてしまった」という衝撃を覚えて呆気に取られ、身動きできないほどだった。ソリストはアンコールにラフマニノフの『音の絵』で、これまたコンサート・ピアニズムの極地のような、華麗でゴージャス、同時に憂いも帯びた名演だった。

これからの日本の音楽界を担う、新たな逸材と邂逅した思いだ。新年早々、衝撃的な音楽体験である。

後半は幻想交響曲。バッティストーニの幻想交響曲だから、期待は高まるわけだが、一方で、正直どんな解釈をするのか見えている部分もあり、開始からしばらくはあまり気分が乗らず。第1楽章は想定の範囲内で、第2楽章は落ち着いたテンポで流麗に鳴らす。フレージングが入念に磨き込まれていて、仕事が極めて丁寧だ。そこには好感を抱くのだが…どうも踏み外さず面白くない。何度聴いても良さを理解できない第3楽章でついに撃沈。睡魔が抑えきれず。

しかし、案の定、第4楽章からものすごいことになった。テンポは決して速くないし、不自然な作為はないのだが、とにかく「これでもか!」とばかりに、オーケストラが鳴り響きまくるのである。昔の東フィルは乾いた響きのオケという印象だったのだが、それが一転、「どうしてこんなに音が鳴るの??」と言いたくなるくらい、眩いばかりの音が溢れ返っているのである。さらに、それは「ただ鳴っている」わけではなく、バランスよく整えられているのである。その上で、爆発的に鳴り響いているのである。

フレーズの歌い回しのうまさなど、さすがバッティストーニはオペラの指揮者だと思う。幻想交響曲のように表題性が強い音楽だと、彼の持ち味は十二分に発揮される。とにかく激しい身振りで、何かが憑依したかのように確信を持って音楽を進めていく様は恐ろしいほどだ。単なる「爆演」ではなく、純音楽的に完成されきった上で、そこに最上級のドラマが表現され尽くされている、文句なしの名演である。

この世界には、逆に弱音で聴かせるのに長けた表現者もおり、緊迫感溢れたピアニッシモで聴衆を引き込む素晴らしいコンサートに何度も接したことがある。前半楽章を、今後より面白く聴かせる指揮者になっていって欲しいと思いつつ、ただでさえ爆発的な演奏を期待している聴衆に、その期待値を上回るパッションで応えてみせるこの指揮者は、素晴らしい芸術家であり、敬意を込めて「最高のエンターテナー」と呼びたい。いわんや、圧倒的なパフォーマンスで魅せる東フィルである。

日曜の午後、最高のひと時。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント